ヘッダー調整
ホーム  >  料理レシピ  >  小松菜deゆる薬膳レシピ

小松菜deゆる薬膳レシピ

小松菜は薬膳的に「造血ベジタブル」!美容と健康によい手軽な薬膳レシピを紹介します。
薬膳アテンダント 池田陽子
薬膳アテンダント
池田陽子

薬膳アテンダント。立教大学卒業後、国立北京中医薬大学日本校に入学し、暮らしの中で手軽に取り入れられる薬膳の提案や、漢方の知恵をいかしたアドバイスを、執筆、講習会などを通して行う。著書に「ゆる薬膳。」(日本文芸社)など。
HP http://www.yuruyakuzen.com

小松菜レシピ

薬膳というと難しそう……というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません!薬膳の基本となる考え方はとてもシンプル。中医学(中国の医学)では昔から「食事で体調を調える」という考え方があります。食材ひとつひとつには、すべて身体に及ぼす作用があり、それを考えて季節や体調、体質に合わせて必要な食材をとることで身体の不調を改善、元気で美しくなれるのです。

小松菜は薬膳的にみると血を増やす効能が高い野菜。パワフルな「造血ベジタブル」なのです! 中医学(中国の伝統医学)で考える「血」は、西洋医学の血液としての要素だけでなく「全身に流れてすみずみまで栄養を与える成分」と考えます。血が不足すると貧血、めまい、立ちくらみだけではなく、中医学では不眠、疲れ目、物忘れにつながるとしています。

そして女性にとって、血は肌や髪に栄養を与えるまさに「体内美女美容液」!不足すると顔色が悪い、肌荒れ、髪がパサつくといった原因に。とくに髪は「血の余り」とされ、血が充実していると髪の状態がよく、不足すると髪がやせてコシがなくなり、、しまいに抜けるという大変なことに!

また、女性は生理痛、生理不順など婦人科系には血が大きくかかわっています。積極的に血を補うことが大切。
目の酷使、過度な頭脳労働、夜更かしも血を激減させます。現代人にとってまさに避けられない事態に、小松菜は強い味方! パワーいっぱいの江戸川の小松菜で健康と美を底上げしましょう!

小松菜レシピ

こまツナサラダ

材料

サラダ小松菜(食べやすく切る):150g/パプリカ(薄切り):1個/乾燥ひじき(水で戻す):20g/ツナ缶(大):1缶にんにく(みじん切り):1かけ/しょうゆ、レモン汁、オリーブ油:各大さじ3/白すりごま 適量

作り方

①フライパンにオリーブ油を熱し、にんにく、缶汁をきったツナ、ひじきを炒めてしょうゆを入れ混ぜる。
②ボウルに、サラダ小松菜、①、レモン汁、白すりごまを入れてよく混ぜる。

こまツナサラダ
小松菜レシピ
小松菜とイカのコリアンあえ

小松菜とイカのコリアンあえ

材料

小松菜:300g/イカ(刺身用):200g/卵(黄身):4個/にんにく(すりおろす):1かけ/A(コチジャン大さじ1、しょうゆ大さじ2、酢少々)/白すりごま:適量

作り方

①小松菜は熱湯でゆで、冷水にとり水気をしぼって3cm長さに切る。
②ボウルに①、イカ、卵、にんにく、A、すりごまを入れてあえる。

小松菜レシピ

小松菜マーボ

材料

小松菜(3㎝長さに切る):300g/黒きくらげ(水で戻して細切りに):10g/豚ひき肉:200g/にんにく(みじん切り):少々/しょうが(みじん切り):少々/ネギ(みじん切り):5㎝/A(しょうゆ、みそ、みりん、酒 各大さじ2、水150CC)/サラダ油:適量/ごま油:少々/片栗粉(水大さじ4で溶かす):大さじ2

作り方

①フライパンに油を熱し、にんにく、しょうが、ネギを入れて香りが出たら、小松菜、黒きくらげをを入れて炒める。
②①に水溶き片栗粉を入れて、全体を混ぜてとろみをつけ、ごま油をふる。

小松菜マーボ
小松菜レシピ
小松菜とあさりのパスタ

小松菜とあさりのパスタ

材料

小松菜(ざく切り):300g/あさり(塩抜きしておく):500g/ベーコン(1cm幅に切る):4枚/パプリカ(薄切り):1個/にんにく(みじん切り):1かけ/パスタ(袋の表示どおりゆでる):400g/酒:大さじ2/A(しょうゆ、みりん 各大さじ1)/バター:5g/オリーブ油:適量/塩、こしょう:適量

作り方

①フライパンにオリーブ油を熱し、にんにく、缶汁をきったツナ、ひじきを炒めてしょうゆを入れ混ぜる。
②ボウルに、サラダ小松菜、①、レモン汁、白すりごまを入れてよく混ぜる。

小松菜レシピ
江戸川キッチン~江戸川区の野菜(小松菜)を美味しく食す~